<   2016年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

カンパニュラ

b0365206_00062176.jpg
(2016年6月8日)

カンパニュラとは、キキョウ科ホタルブクロ属のラテン名です。花の形から納得です。
いろいろな園芸種がありますが、この花はカンパニュラ・チャンピオンでしょうか?



続きを見る。
by lindenbaum_s | 2016-06-29 00:34 | 6月の庭

モウズイカ(毛蕊花)

b0365206_23232212.jpg
クロモウズイカ(2016年6月22日)

モウズイカ(毛蕊花)の和名は雄蕊(ずい、しべ)に毛が密集していることによります(↓の写真を見て下さい)。クロモウズイカは雄しべの毛が黒っぽい色なので付けられた名です。モウズイカ属(Verbascum 属)は古くは欧米で伝統医療に用いられてきたのですが、最近では園芸用に作られて、花の色も白、ピンク、紫などさまざまで、園芸ではバーバスカムと呼ばれることも多いようです。草丈も大きいものでは2mにも達し、存在感があります。


続きを見る。
by lindenbaum_s | 2016-06-25 01:08 | 6月の庭

初夏の庭

b0365206_00370718.jpg
(2016年6月8日)

6月初旬は、明るい日射しの中で色とりどりの花が一斉に咲いて美しい季節です。


続きを見る。
by lindenbaum_s | 2016-06-21 01:01 | 6月の庭

6月のバラ

b0365206_23121937.jpg
(2016年6月14日)

これは、ガリカ系のオールドローズです。



続きを見る。
by lindenbaum_s | 2016-06-16 09:59 | 6月の庭
b0365206_23233886.jpg
サイカチの花(2016年6月8日)

樹に咲く花には気がつかないことが多いものです。特にサイカチのように、花の色が葉の色に近かったら尚更です。サイカチの樹は西側ガーデンの北西の角(看護学校側)にあります。ナンジャモンジャの木の隣の隣で、樹高も同じ位です。この房状の花はやがてモロッコインゲンのような莢のある豆となります。この莢には泡だつ作用があり、昔の人は石鹸の代わりに使っていたということです。しかし、この木で最も印象深いのは、幹から飛び出している刺(写真↓)でしょう。



続きを見る。
by lindenbaum_s | 2016-06-13 00:30 | 6月の庭

スイカズラ(吸い葛)

b0365206_23573383.jpg
(2016年6月8日)

スイカズラが絡んだアーチ。


続きを見る。
by lindenbaum_s | 2016-06-12 00:12 | 6月の庭

ギガンチウムが咲く庭

b0365206_00050224.jpg
(2016年6月1日)

ネギの花のような大きな花は、ネギ属のギガンチウム。
西〜中央アジア原産で、英名はgiant onion (巨大たまねぎ)。確かに、球根はタマネギの様ですね。



続きを見る。
by lindenbaum_s | 2016-06-06 00:26 | 6月の庭

セージの咲く庭

b0365206_21510025.jpg
コモンセージ(Salvia officinalis, 2016年5月25日)

セージが薄紫色の花を着けています。若かった頃、サイモンとガーファンクルのヒット曲の1つ”スカボローフェア”を聞く度に ♫・・パセリ、セージ、ローズマリー &タイム・・♫ という歌詞が耳に残りました。その頃は、ハーブには馴染みがなく、その後、料理でセージやタイムの使い方に触れるとこの歌を思い出したものです。



続きを見る。
by lindenbaum_s | 2016-06-03 23:50 | 5月の庭

ルピナスが花盛りです

b0365206_21502426.jpg
(2016年5月25日)

5月下旬、緑はますます濃くなり、ルピナスやシャスタ・デージー、ムラサキツユクサがここかしこで咲き乱れています。


続きを見る。
by lindenbaum_s | 2016-06-02 23:31 | 5月の庭