オオハルシャギク(コスモス)

b0365206_00213660.jpg
(2016年10月5日)

今は、花の少ない庭ですが、コスモスがたくさん咲いてくれています。コスモスは属名で、種の名前としてはオオハルシャギクなのですが、オオハルシャギクと言っても大方の人は「?」という反応ではないでしょうか? 熱帯アメリカ原産で、日本には明治時代に渡来したということです。





b0365206_00214883.jpg
1つの花に見えますが、中心部分の筒状花と周囲の舌状花から成っています。舌状花は花弁の一部が舌の様に大きくなっていて、コスモスでは花の外側に8個の舌状花があって8枚の花弁のように見えます。この花弁が桜の花弁に似ているからでしょうか? 別名アキザクラ(秋桜)と名付けられています。

b0365206_00220266.jpg

b0365206_00221845.jpg

中心部分を拡大してみると、筒状花は星型で茶色の雄しべが突き出し、その頭に黄色の花粉がついているのがわかります。ショッキングピンクの花(上の写真)の方が、下の白い花より若い花なのだと思います。



by lindenbaum_s | 2016-10-09 01:35 | 10月の庭